せっかくなら!ドレスに似合う結婚指輪が欲しい!

ドレスとの相性にこだわって結婚指輪を選びましょう

結婚式までウェディングドレスに似合う結婚指輪を用意したい場合には、ウェディングプランナーの助言をもらいながら、夫婦の希望に合ったデザインのアイテムを選ぶことがおすすめです。例えば、シンプルで夫婦のイニシャルの刻印が入った結婚指輪は、結婚式の定番として位置づけられることがありますが、予算に余裕があればデザインにこだわってオーダーをすることも良いでしょう。また、金やプラチナなどの結婚指輪の素材の種類を選ぶにあたっては、ジュエリーに関する詳しい知識を持つスタッフのいるお店で相談をすることが大切です。その他、結婚指輪の種類によっては取り寄せが必要なものもあり、できるだけ納期が短いものを注文することがポイントです。

挙式スタイルを考慮して結婚指輪を選ぶには

結婚指輪の購入方法に悩んでいる夫婦は少なくありませんが、挙式のスタイルにぴったりのアイテムを選ぶにあたり、日頃から結婚情報誌やファッション誌などに目を通しながら、売れ筋商品の特徴を調べることがおすすめです。特に、教会式の華やかな結婚式にぴったりのシルバーやゴールドなどの色合いの結婚指輪に関しては、美しい指先をアピールしたい夫婦に最適です。また、ダイヤモンドなどの高級感のある宝石を結婚指輪に取り入れる場合には、早いうちから品質や大きさ、デザインなどを重視すると良いでしょう。なお、実際に挙式をした友人夫婦などからアドバイスをもらうことで、流行りの結婚指輪の傾向について理解を深めることも良いでしょう。

ブライダルリングとは、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の総称です。そうは言いますが、それぞれ別のブランドを選んで購入する方も少なくありません。