緊張しない?両家の顔合わせとは?

結婚が決まったら結納を

男女が結婚に同意すると、夫婦約束を交わした証として、まず「結納」を行い、後日式場にて「結婚式」を、そして、親族・知人らを招いた「披露宴」を行う事になります。その中の「結納」こそ、両家の正式な顔合わせ、婚約の固めの儀式です。正式に結納を交わす場合は仲人を立てますので、学校の恩師や先輩、会社の上司などに、仲人を依頼するのが一般的です。そして、結納は仲人が両家に使者として出向く場合と、双方の家族と仲人が一堂に会する場合がありますが、現在では、家族の顔合わせを兼ねて、一同に会する結納が一般的です。そして、その時、結納の品の他、両家の家族書や親族書を交換する事もあります。結納は地域によって様々なやり方がありますので、両家が良く話し合って、やり方を決めるのが大切です。

結納の品と結納金の相場は?

結納の品ですが、古くは、1家内喜多留(やなぎだる)=酒の柳樽(酒肴料として現金を包んだ)、2末広=白無地の扇、3供白髪=麻糸、4子生婦(こんぶ)、5寿留女(するめ)、6勝男節(かつおぶし)、7金包=結納金、8目録=結納品の品名を記したもの、9長熨斗=のしあわびを送りましたが、現代では、形式を重んずるより、お互いにプレゼントを交換するなどして、結納の品を省くケースもあります。そして、結納金は「御帯料」「御袴料」にあたるもので、男性側から女性側に、婚礼の支度金として渡すものでしたが、時代が変わり、現代では、婚約時のプレゼント的な意味合いの方が強くなりました。一般的に、結納金は男性のボーナス一回分、または給料の2~3か月分とされています。結納金に結婚指輪を添える場合は、両方合わせた額が、その範囲内に収まれば良いでしょう。

結婚指輪を大阪で探している人も多いです。大阪で結婚指輪を探している人はオーダーメイドの指輪を作ってくれるところを探すとお得なお店が見つかります。